診療科目のご案内

札幌西孝仁会クリニック 神経内科のご案内

神経内科をご存知ですか?

 神経内科の対象とする症状は幅広く、日常診療の中で多く聞かれる愁訴が神経内科の主訴となります。

 代表的なものとしては、

 

・しびれ

・筋力低下や麻痺

・痛み

・脱力

 

・めまい

・筋肉の痩せ(筋萎縮)

・頭痛

・ものがダブって見える(複視)

 

・もの忘れ

・食事や水分摂取の際のむせや食べ物がひっかかる

 

 などの症状があります。
 神経内科領域の代表疾患は、

 

・髄膜炎や脳炎などの中枢神経感染症
パーキンソン病
・脊髄小脳変性症

・脳血栓・脳梗塞などの脳血管障害
・筋萎縮性側索硬化症(ALS)
・アルツハイマー型認知症

 などです。詳しい疾患の一覧は後述の神経内科で診察する疾患・病状をご覧下さい。

 神経内科ではもの忘れを訴える患者さまやご家族さまに「もの忘れ外来」を行なっております。
 詳細はこちらをご覧下さい。

主な検査

 ・CT・MRI検査
 ・脳脊髄液検査
 ・神経電気生理検査
 ・筋生検

担当医師

■北海道大野記念病院 診療部長
■札幌西孝仁会クリニック 神経内科部長

柏木 基(Kashiwagi Motoi)プロフィール(北海道大野記念病院 神経内科 医師紹介)

外来診療日

 札幌西孝仁会クリニック「外来診療体制表」

 北海道大野記念病院「外来診療体制表」

 

» 神経内科で診察する疾患・病状
» パーキンソン病について

▲ページの先頭に戻る