診療科目のご案内

「もの忘れ外来」受診のみなさまへ  〜札幌西孝仁会クリニック 神経内科〜

医師紹介

■北海道大野記念病院 診療部長
■札幌西孝仁会クリニック 神経内科部長

柏木 基(Kashiwagi Motoi)プロフィール(北海道大野記念病院 神経内科 医師紹介)

「もの忘れ外来」の意義とは

 高齢化社会を迎える中で,誰もが「老い」に漠然とした不安を持っています.そのうちの一つが,認知症です。
 認知症にはもとにもどらない、不可逆的な疾患による脳細胞の変性によるものや,脳血管障害による脳細胞の傷害に由来するものがありますが,頭部外傷後に多く生じる慢性硬膜下血腫や甲状腺機能低下症など,外傷や内科的疾患を基本として生じる認知症様状態があり,治療可能な疾患も多く見られるのです.こうした治療可能な認知症を,トシのせいにして見過ごされている方を掘り起こすのが目的の一つです.
 また不可逆的な疾患による認知症でも,早期であれば治療薬により若干でも病勢を遅くすることが可能となってきましたので,これらの患者様やご家族が,やがて進行する認知症に対ししっかりとした対応ができるよう,早期の段階から何ができるかを私達と一緒に考え行動していただきたいと思います。

「もの忘れ外来」受診の前に

 一般的にもの忘れ外来は多くの時間を要するといわれています.
 そこで,完全予約制をとり,患者様にお待ちいただく時間を最小限にしたいと思います.事前にお電話(011-590-0322)または当院窓口(受付・外来など)で診察予約をしてください。もの忘れ外来診察予約をされた時点で問診票をお渡し(電話予約の方は郵送)しますので、ご本人様、ご家族様ともに別々に記入していただき、診察の際にお持ちください。

「もの忘れ外来」の診察

 一般の神経内科外来と大きく異なる点はありませんが、お時間をお取りし、ゆっくりお話をお聞きし、お話させていただくという点で違いがあります。
 診察はお一人約1時間を目安とします。診察の流れは以下のとおりですが、必ずしも全ての検査を行うわけではありません。しかし、必要に応じてその他の検査を追加することもあります。具体的な診察の流れをご覧ください。診察は初診から診断までに2~3回程度受診していただき、その後の方針をお話しさせていただきます。他院からご紹介いただきました患者様には、診断・治療の方向性が決まりましたら、かかりつけの先生にご紹介させていただき、連携しながら見せていただく場合もございます。

不明の点は当院 神経内科・外来・受付までお問い合わせください。

お問い合わせ先 電話 011-590-0322       011-665-0020
札幌西孝仁会クリニック    北海道大野記念病院

外来診療日 札幌西孝仁会クリニック「外来診療体制表」

北海道大野記念病院「外来診療体制表」

» もの忘れはトシのせい?
» 「もの忘れ外来」受診の流れ

▲ページの先頭に戻る