部門のご紹介

臨床工学科

病院内で使用される各種医療機器・装置の操作・管理・保守点検を通じて、高度医療の現場を支えています。

挨拶

 釧路孝仁会記念病院では現在、臨床工学技士13名にて人工呼吸器、高気圧酸素治療装置、人工心肺装置、補助循環装置(PCPS、IABP)、血液浄化装置、ペースメーカー、ポリグラフ等、院内の医療機器装置の操作 / 管理 / 保守点検をおこなっております。また、当法人内の星が浦病院にも臨床工学技士4名が所属しており、17人体制にて協力し合い、業務に携わっております。

目標
  • 患者様の安全を第一に考え、事故の無い様に努める
  • 患者様の意志を尊重し、治療に理解を得られる様に努める
  • 専門職としての自覚を持ち、技士としての資質・知識向上及び技能の研鑚に努める
  • 人間関係を大切にし、お互いに啓発し合える関係をつくる
臨床工学科とは

 人工呼吸器、高気圧酸素治療装置、人工心肺装置、補助循環装置(PCPS、IABP)、血液浄化装置、ペースメーカー、ポリグラフ等、院内の医療機器装置の操作 / 管理 / 保守点検を仕事にしているところです。

 臨床工学とは『医療の現場で直接、臨床医療に貢献する工学技術』を意味し、医師の指示の下に「生命維持管理装置」の操作及び保守点検を行う医療機器の専門医療職が臨床工学技士です。

「生命維持管理装置」とは、人の呼吸、循環、代謝の機能の一部を代替えまたは補助することが目的とされる装置をいいます。

体制

基本的に下記にて業務をおこない、状況により変則、協力し合いながら遂行しています。

  • 透析室       3名
  • 高気圧酸素室    1名
  • 手術室       3名
  • カテーテル検査室  3名
  • ME機器管理センター 2名

また、『オンコール体制』を導入し、緊急時にも対応しております。

所属学会
  • 日本透析医学会
  • 日本血液浄化技術学会
  • 日本人工臓器学会
  • 日本体外循環技術医学会
  • 日本高気圧環境医学会
  • 日本臨床工学技士会
  • 北海道臨床工学技士会
資格
  • 透析技術認定士
  • 3学会合同呼吸療法認定士
  • 体外循環技術認定士
  • 臨床高気圧酸素治療装置操作技士
  • MDIC(医療機器情報コミュニケータ)
  • 第2種ME技術者
  • 特定高圧ガス取扱主任

人工透析室

ベッド数 20床にて、最新の透析装置、透析管理システムを導入し、安全な透析療法を提供します。

透析室概要
  • 透析監視装置  TR - 3000M(東レメディカル)× 18台
  • 透析監視装置  TR - 3000S(東レメディカル)× 1台
  • 透析監視装置  TR - 7700M(東レメディカル)× 1台
  • 多人数用透析液供給装置  TC-HI(東レメディカル)
  • 逆浸透水処理装置 TW-HI(東レメディカル)
  • 透析液溶解装置 A剤溶解装置 TP-AHI(東レメディカル)
  • 透析液溶解装置 B剤溶解装置 TP-BHI(東レメディカル)
  • 人工透析装置総合監視システム STEP透析(サンジャパン)
技士業務
  • 水処理装置、透析液溶解装置、透析液供給装置の立上げ、透析液測定
  • プライミング、穿刺、透析監視装置の操作
  • 透析監視装置の作動確認、患者様のバイタル確認
  • ダイアライザ−選択
  • 検査データー把握
  • 水処理装置、透析液溶解装置、透析液供給装置、透析監視装置の保守管理
  • 透析監視システムの管理

高気圧酸素治療室

大気圧よりも高い気圧環境下で純酸素ないし高濃度酸素の吸入を行わせ、種々の疾患を治療する特殊な酸素治療または酸素療法である。主に急性動脈血行障害・急性脊髄障害・急性脳浮腫などの疾患を治療します。


高気圧酸素治療室概要
  • 高気圧酸素治療装置 MODEL 2500B (セクリスト)× 2台
  • 高気圧酸素治療用人工呼吸器 MODEL 500A (セクリスト)× 1台
  • 医用テレメーター Life Scope 7/Two (日本光電)
技士業務
  • 高気圧酸素治療装置の始業/終業点検
  • 患者様の安全確認(危険物の有無、バイタル確認)
  • 高気圧酸素治療装置/関連機器の操作
  • 治療中の患者/装置/関連機器の監視
  • 記録書類の管理

手術室業務

人工心肺業務:開心術、大血管手術時の体外循環
  • 人工心肺装置 HAS型 (メラ)
  • 遠心型液ポンプ装置  HAP-31 (日機装)
  • 冷温水槽(血液用) HHC-211 (メラ)
  • 小型冷温水槽 (心筋保護液用)HHC-51(メラ)
  • 潅流血液ガス連続モニター装置CDI400(テルモ)
自己血回収業務:開心術、大血管手術時
  • 自己血回収装置 C.A.T.S(フレゼニウス)
その他業務
  • 内視鏡のセットアップ
  • IABP、PCPS等、補助循環装置の操作

ICU業務

技士業務
  • 各種血液浄化療法(HD/HDF/CHDF/ECUM/PE/DFPP/PP等)
  • 補助循環装置の管理(IABP、PCPS等)技士業務、その他

血管造影室業務

心臓カテーテル検査業務:ポリグラフ操作、清潔野の介助
  • 冠動脈造影、左室造影、大血管造影
  • 右心系、心内圧測定
  • アブレーション業務
  • シャント造影、PTA

ME機器管理業務

当院では患者様に使用する医療機器をMEセンターにて管理、貸し出しをし、使用後、返却時には臨床工学技士が清掃、点検を必ずして事故の無いよう心掛けてしています。

また、手術関係、心臓カテーテル関係の機械はそれぞれのホームページでご覧ください。

管理機器
シリンジポンプ 84台
トップ(株)TOP-5300
トップ(株)TOP-5300
トップ(株)TOP-5200
トップ(株)TOP-5200
JMS(株)SP-115
JMS(株)SP-115
輸液ポンプ 55台
輸液ポンプ 55台
トップ(株)TOP-3300
トップ(株)TOP-3300
トップ(株)TOP-2200
トップ(株)TOP-2200
呼吸器(加湿器) 8台
フクダ電子(株)サーボi
フクダ電子(株)サーボi
東機貿(株)E-500
フクダ電子(株)サーボi
東機貿(株)E-360
東機貿(株)E-360
東機貿(株)E-200
東機貿(株)E-200
 
低圧持続吸引器 11台
泉工医科(株)MS-008
泉工医科(株)MS-008
保守点検

 当院で使用しているME機器は各メーカーが主催するメンテナンス講習会に積極的に参加し、各ME機器の点検を詳しく出来るように勤めています。 また、自作ソフトよりME機器の所在がすぐわかるようにしています。

まだまだ点検機器は少ないですが足りない点検機器はメーカーからレンタルし点検しています。


点検内容:返却時には清掃し、終業点検を実施しています。

その他に定期点検計画表にしたがい点検機器を使った定期点検をしています。
また、点検や記録はファイリングし保存しています。

  • 日常点検
  • 定期点検
  • 故障機器の対応/処理
  • 麻記録書類の管理

▲ページの先頭に戻る