診療科目のご案内

脳神経外科

《診療科設置病院・診療所》
釧路孝仁会記念病院
星が浦病院
釧路脳神経外科
中標津脳神経外科
留萌セントラルクリニック

治療を急がなければ重い後遺症をもたらす場合も少なくありません。速やかにかつ的確に症状の原因を見つけ出すのが任務です。

脳神経外科について

 脳神経外科外来を訪れる患者さんの症状は多種多様です。頭痛、めまい、手足のしびれ・痛み、手足の脱力・筋力低下、手足のふるえ、顔面の麻痺や顔面の痛み、意識消失、けいれん、物忘れ、視力低下など多岐にわたっています。

 これら症状の原因としては、脳のおでき(脳腫瘍や脳を包んでいる髄膜の腫瘍)、脳の萎縮や水頭症、脳の血管に由来する病気(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)、外傷によるもの(脳内血腫、脳挫傷、硬膜下血腫)、脳へ血液を送る頚部内頸動脈の閉塞や狭窄、あるいは脊髄や末梢神経障害などがあります。

 治療を急がなければ重い後遺症をもたらす場合も少なくありませんので、診断にあたっては、患者さんに苦痛を与えることなく、速やかにかつ的確に症状の原因を見つけ出すのが私どもの任務です。

最新の診断機器で、的確な診断と治療を

 最新の診断機器(MRI、CT、SPECT、エコー)の進歩には目を見張るものがあり、病気の種類、部位、広がり、その進行程度が誰にでも手に取るように分かる画像を得ることが出来るようになりました。

 幸い当院にはこれらの診断機器が十分に備わっており、的確な診断と速やかな治療が可能となっております。これからもこれらの先端機器を利用して患者さんに満足すべき結果が得られるよう日常診療に努力していくつもりです。


▲ページの先頭に戻る