診療科目のご案内

神経内科

《診療科設置病院・診療所》
星が浦病院 札幌西孝仁会クリニック

病気の診断の入り口的な分野です。何が原因で症状を引き起こしているのか発見する役割を果たしています。

 

神経内科について

 神経内科とは、脳や脊髄、神経、筋肉に病気があり、体が不自由になる病気をもった患者様を対象とし診療しています。症状としては、頭痛、しびれやめまい、勝手に手足や体が動いてしまう、うまく力が入らない、歩きにくい、ふらつく、つっぱる、むせ、ろれつがまわらない、ひきつけやけいれん、ものが二重にみえる、ものわすれ、意識障害などいろいろあります。これらの症状がでてきた場合、まず、神経内科でどこの病気であるかを発見しなくてはなりません。

 神経内科とは、このように何かが引き起こした上記のような症状の発見をするといった病気の診断の入り口的な分野なのです。その上で、骨や関節の病気がしびれや麻痺の原因なら整形外科、手術が必要な脳の病気であれば脳神経外科、精神的なものであれば精神科にご紹介するというように専門の医療機関につなげていく役割があります。

  (札幌西孝仁会クリニック)柏木医師による 神経内科のご案内も参照ください。


▲ページの先頭に戻る