10心臓ドック

心疾患は三大疾病のひとつで、日本人の死亡原因の上位にあります。今まで、心筋梗塞の原因である冠動脈の狭窄や閉塞は入院による血管造影検査を行っていましたが、64列マルチスライスCT検査で冠動脈CTAを行うことにより、より低侵襲で検査できるようになりました。

費用

50,000円(税込54,000)


所要時間

3時間


《検査内容》

診察、身体計測(身長、体重、視力、体脂肪率、腹囲、血圧、BMI)、胸部レントゲン、胸部/腹部CT、冠動脈CTA、ABI検査、頸動脈/心臓エコー、心電図、24時間心電図、血液検査、尿検査

冠動脈CTA検査は、造影剤を使用します。

◎造影剤は腎臓への負担が大きいため、採血検査にてクレアチニンの値が1.6以上の方は検査ができません。
◎造影剤に対してアレルギーのある方はできません。