平成27年度 釧路孝仁会記念病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 25 32 60 173 350 916 1264 1129 264
 当院は、患者さまが安心してかかれる、患者さまを安心してあずけられる病院をめざし職員一同力を合わせ頑張っております。脳、心臓等の救急から高度急性期医療の提供、ドクターヘリによる救急搬送時間の短縮による救命率の向上や後遺症の軽減にも努めております。
 平成27年度の年代別の退院患者数は、60歳以上の占める割合が全体の63.3%、70歳以上では84.8%と地域社会の高齢化を反映しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 104 20.86 21.69 4.81 83.52
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 30 9.07 14.34 0.00 76.37
040081xx97x0xx 誤嚥性肺炎 手術あり 手術・処置等2なし 19 37.63 43.88 10.53 83.37
 内科では肺炎での入院が55%を占めており、平均年齢も82歳と高齢者が多くなっております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-5あり 副傷病なし 16 3.81 4.53 0.00 63.06
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 27.90 21.69 20.00 81.20
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし - - - - -
 外科ではがんの化学療法での計画的な短期入院の繰り返しの症例が上位になっております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 45 37.44 28.70 42.22 83.64
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 25 27.64 21.52 0.00 82.80
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 17 4.76 5.70 0.00 64.06
 整形外科では大腿骨の骨折の症例が多く、平均年齢も80歳と高齢であるため自宅への退院が困難であり、またリハビリテーションの継続も必要なため、転院率が高くなっております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 174 20.82 18.08 13.79 69.53
010060x099020x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 92 18.39 19.78 3.26 74.70
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア その他の手術あり 38 19.68 9.53 0.00 56.89
 脳神経外科では救急の脳卒中、脊髄疾患に対し24時間いつでも対応しております。
脳梗塞の入院が38%で、平均年齢が73歳となっております。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 67 13.70 9.71 11.94 67.04
050050xx99130x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 55 5.40 5.95 0.00 73.35
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 6.80 5.99 0.00 73.41
 心臓血管外科では腎不全で維持透析を行っている患者の入院が多くなっております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 副傷病なし 21 1.95 2.89 0.00 53.10
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - - - -
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし - - - - -
 泌尿器科では尿管結石により体外衝撃波腎・尿管結石破砕術を行う患者さんが多くなっております。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 155 3.69 3.07 0.00 69.69
050050xx0203xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2-3あり 104 6.20 11.27 0.00 69.39
050050xx99130x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 102 4.14 5.95 0.00 70.75
 循環器内科は狭心症により入院する患者さんが多くなっております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - - 20 - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 当院では大腸癌に対する化学療法で入院を繰り返した患者さんの影響で、ステージⅣの症例が多くなっております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 - - -
重症度 1 35 8.69 78.03
重症度 2 33 11.73 83.85
重症度 3 20 17.55 83.60
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
 成人市中肺炎診療ガイドラインでの重症度分類は、軽症(重症度0)、中等症(重症度1、2)、重症(重症度3)、超重症(重症度4、5)となっております。当院では軽症~中等症で高齢者が多くなっております。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 479 29.44 73.72 18.79
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他 67 9.16 70.40 1.45
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他 22 9.68 65.23 0.00
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
 脳神経外科の入院の中で脳梗塞が最も多くなっております。
脳卒中地域連携パスの運用により回復期リハビリテーション病院への転院も行っております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 26 8.92 19.81 57.69 82.38
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 12 3.75 2.58 0.00 68.08
K654 内視鏡的消化管止血術 12 0.75 8.92 8.33 75.17
 胃瘻造設が必要な患者さんを病院、施設等からも受け入れているため転院率が高くなっております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 15 7.13 16.87 80.00 83.20
K6335 鼠径ヘルニア手術 - - - - -
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) - - - - -
 内科と同様に胃瘻造設が必要な患者さんを病院、施設等からも受け入れているため転院率が高くなっております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕)(大腿) 36 3.17 30.35 38.89 81.67
K0462 骨折観血的手術(下腿)(前腕) 27 1.82 18.12 0.00 62.97
K0821 人工関節置換術(股)(膝) 19 1.65 26.87 5.88 67.03
 高齢の患者さんの骨折が多く、リハビリテーションも行っているため術後の日数が長くなっております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 52 1.44 30.54 17.31 65.63
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 45 1.84 17.09 6.67 77.00
K6101 動脈形成術、吻合術(頭蓋内動脈) 33 9.09 23.82 6.06 66.18
 脳卒中、脊髄脊椎疾患に対し24時間いつでも手術に対応できる体制を準備しております。脳動脈瘤クリッピング術後の平均日数は、くも膜下出血で長期入院のため長くなっております。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 71 0.80 6.00 5.63 66.63
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 68 2.41 6.49 2.94 74.22
K610-3 内シャント設置術 58 2.29 9.67 18.97 66.43
 心臓疾患に対し24時間いつでも手術に対応できる体制を準備しております。透析のシャントトラブルに対応できる病院として周辺の病院からの依頼があり、経皮的シャント拡張術・血栓除去術が多くなっております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 21 0.00 0.95 0.00 53.10
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 13 1.00 3.23 0.00 76.23
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) - - - - -
 尿管結石に対する体外衝撃波腎・尿管結石破砕術が多くなっております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 176 2.77 3.34 0.00 70.00
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 54 2.96 4.63 0.00 61.35
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 48 2.81 7.40 0.00 76.19
 虚血性心疾患、不整脈疾患、心不全などの循環器疾患、透析を含めた腎疾患、一般内科疾患も対応しております。特にカテーテルによる治療を積極的に行っており、結果経皮的冠動脈ステント留置術、経皮的カテーテル心筋焼灼術の症例が多くなっております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 23 0.54
異なる - -
 手術後の合併症及び感染症の症例数となっております。同一の患者さんが繰り返し合併症を発症しており,発生率が0.54%となっております。
手術や処置の際の感染症予防など合併症の発生率が減少するよう努めております。
更新履歴
2016/9/30
新規登録