平成30年度 釧路孝仁会記念 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 20 53 55 200 367 927 1378 1325 450
 当院は、患者さまが安心してかかれる、患者さまを安心してあずけられる病院をめざし努力しております。急性医療の提供に力を入れ、住民の健康を守ることを第一に考え、24時間救急受け入れ体制で診療にあたっております。3.0テスラMRI、320MDCT、PETCT、フラットパネルDSA、最新エコー診断装置などを揃え、急性期の入院医療と、三大疾病の高次検診事業を行っております。また、患者様への最新医療の提供として幹細胞による再生医療を行っております。
 平30年度の年代別の退院患者数は、60歳以上の占める割合が全体の85.3%、70歳以上では65.9%、脳卒中、心臓病、肺炎の疾患が多くみられます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 265 21.43 20.92 2.64 85.47
040081xx99x01x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり 29 42.66 40.27 0.00 88.62
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 23 13.22 7.75 0.00 76.17
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2なし 18 8.72 8.93 0.00 75.33
040081xx97x0xx 誤嚥性肺炎 手術あり 手術・処置等2なし 14 57.29 39.00 28.57 84.86
 内科では肺炎での入院が62.6%で、平均85.1歳と高齢者が多く、肺炎の中でも誤嚥性肺炎が95.1%と嚥下障害や低栄養状態の改善のため、リハビリテーションなどのADL低下予防を行っております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 41 43.22 26.30 34.15 82.63
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 34 24.24 21.47 11.76 81.71
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 23 30.13 24.26 4.35 73.26
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 16 25.69 22.27 12.50 70.19
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 13 13.54 5.68 0.00 74.69
 整形外科では骨折を中心とした外傷、脊椎疾患、関節疾患をはじめとして、神経の障害、スポーツ障害、関節リウマチ、骨粗鬆症、軟骨部の腫瘍など多くの疾患の治療を行っております。高齢者が多く退院が困難であり、またリハビリテーションも必要なため、入院期間が長期となっております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2−4あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 135 18.44 16.18 16.30 69.13
010060x2990301 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2−3あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 97 17.59 18.02 4.12 72.71
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 76 20.57 18.72 32.89 67.12
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 64 14.75 9.69 4.69 78.14
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等1なし 51 17.47 20.71 1.96 61.00
 脳神経外科では脳梗塞の入院が37.8%で、平均年齢が74.7歳となっております。当院では救急医療スタッフを充実させており、脳卒中ホットラインを整備し24時間いつでも対応できる体制となっております。リハビリテーションは急性期あるいは超急性期から症状に応じて開始するなど脳卒中の患者様の機能回復に努めております。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1−なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 94 6.61 5.50 0.00 75.40
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 89 11.06 8.75 19.10 69.35
050050xx99130x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1−1あり 手術・処置等2−3あり 副傷病なし 51 5.37 5.55 0.00 74.53
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2−1あり 副傷病なし 39 18.15 16.06 5.13 75.64
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 38 13.00 17.66 0.00 81.29
 心臓血管外科では高齢者の増加により透析の患者様、末梢動脈疾患も増加しており、外科的治療を行っております。また、心臓リハビリテーションも行っており、患者様ができるだけ早く社会復帰できるよう努めております。心血管ホットラインも整備し、24時間緊急対応しております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 副傷病なし 24 2.00 2.72 0.00 52.63
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし - - - - -
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - - - -
110080xx991x1x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病あり - - - - -
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術等 - - - - -
泌尿器科では症例が少なく10症例未満の疾患は-(ハイフン)で表示しております。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99130x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1−1あり 手術・処置等2−3あり 副傷病なし 154 3.75 5.55 0.00 69.62
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1−1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 151 3.75 3.01 0.00 69.30
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 143 13.31 17.66 10.49 83.71
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1−なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 122 5.04 4.47 0.82 71.66
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 115 6.46 5.15 0.87 60.63
 循環器内科は狭心症により入院する患者様が多くなっております。また高齢者の心不全患者も多くなっております。当院では急性心筋梗塞など、心血管ホットラインを整備し、24時間いつでも対応し手術を行える体制を準備しております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7,8
大腸癌 - - - - - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院ではがんの症例が少なく10症例未満のため-(ハイフン)で表示しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 15 9.80 56.47
中等症 - - -
重症 39 15.03 81.49
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは、日市中肺炎とは、日常生活を送っている人が、病院や診療所以外の場所で感染し、発症した肺炎のことです。
市中肺炎の重症度は以下の基準により、いくつかの項目が当てはまるかで判定されます。
Age(年齢):男性70歳以上 女性は75歳以上
Dehydration(脱水):BUN 21mg/dl以上または脱水あり
Respiration:SpO2 90%以下(PaO2 60torr以下)
Orientation(意識障害):意識障害あり
Pressure(収縮期血圧):血圧(収縮期)90mmHg以下
5点満点で、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点となります。

軽症:0点
中等症:1~2点
重症:3点 ただし、意識障害(ショック)があれば1項目該当のみでも超重症とする。
超重症:4~5点
不明:重症度分類の各因子が1つでも不明な場合。

 当院は高齢者が多く、重症度が高くなっております。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 542 26.59 74.93 16.93
その他 31 22.58 73.26 1.05
 脳神経外科の入院の中で脳梗塞が最も多く、発症日から3日以内の急性期の割合は94.5%と早期治療、早期リハビリテーションを行っております。発症から4.5時間の血栓溶解療法(t-PA)、発症から8時間までの症例に対し急性期血栓回収療法など、24時間対応できる体制で地域医療に貢献して行きたいと思っております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 13 28.77 25.54 38.46 81.00
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - - -
K0461 骨折観血的手術(大腿) - - - - -
 内科では嚥下障害の患者様の胃瘻増設を多く行っております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 39 2.51 24.79 7.69 72.00
K0461 骨折観血的手術(大腿) 26 7.00 32.31 23.08 84.31
K0462 骨折観血的手術(前腕) 15 3.67 12.47 0.00 71.33
K0811 人工骨頭挿入術(股) 13 4.77 31.69 61.54 79.23
K069-3 関節鏡下半月板縫合術 11 1.64 38.27 0.00 43.36
 高齢の患者様の骨折が多く、リハビリテーションも行っているため術後の日数が長くなっております。当院では人工関節手術では新しい手術手技を積極的に取り入れ、正確な人工関節の設置、術後合併症の軽減、早期回復を目指しています。また、膝関節軟骨(変形性膝関節症)の再生医療にも取り組んでおります。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 71 1.10 14.15 4.23 77.25
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 43 1.33 27.28 18.60 65.51
K1421 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(前方椎体固定) 39 3.92 13.49 5.13 59.10
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) 30 4.07 12.13 0.00 71.83
K6101 動脈形成術、吻合術(頭蓋内動脈) 29 5.66 15.59 6.90 64.10
 脳卒中、脊髄脊椎疾患に対し24時間、手術に対応できる体制を準備しております。脳動脈瘤クリッピング術後の平均日数は、くも膜下出血で長期入院のため長くなっております。また、高齢者の頭部外傷による慢性硬膜下血腫の手術も多くなっております。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 112 2.21 5.71 3.57 75.3
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 78 0.13 2.82 5.13 69.87
K610-3 内シャント設置術 74 1.3 7.27 24.32 68.36
K5551 弁置換術(1弁) 30 4.8 33.1 3.33 74.5
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 28 2.39 5.36 0.00 74.71
 心臓疾患に対し24時間、手術に対応できる体制を準備しております。透析のシャントトラブルに対応できる病院として周辺の病院からの依頼があり、経皮的シャント拡張術・血栓除去術が多くなっております。大動脈瘤に関してはステントグラフト治療も行っております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 24 0.00 1.00 0.00 52.63
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) - - - - -
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) - - - - -
 尿管結石に対する体外衝撃波腎・尿管結石破砕術が多くなっております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 179 1.8 2.89 0.56 71.2
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 66 2.3 4.17 0.00 62.3
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 62 0.02 10.18 0.00 68.21
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 53 1.58 7.3 0.00 78.3
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 51 2.1 2.86 1.96 58.27
 虚血性心疾患、不整脈疾患、心不全などの循環器疾患、透析を含めた腎疾患、一般内科疾患も対応しております。特にカテーテルによる治療を積極的に行っており、結果経皮的冠動脈ステント留置術、経皮的カテーテル心筋焼灼術の症例が多くなっております。また、リードレスペースメーカー、完全皮下植込み型除細動器の手術も行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 13 0.27
異なる - -
同一の患者さんが繰り返し合併症を発症しており,発生率が0.27%となっております。
手術や処置の際の感染症予防など合併症の発生率が減少するよう努めております。
更新履歴
2019.9.30
スタイルシートが適用されていなかった不備を修正